都びより

簡単で、手っ取り早く綺麗になれる方法を紹介してます☆美容と健康の情報発信ブログです!

スキンケアに対する固定観念ありませんか?~乳液は蓋の役目なの?~

ご訪問ありがとうございます☆

 

今日は、『スキンケアの固定観念の恐ろしさ』についてを書いてみようと思います。

 


f:id:hana-haha-333:20210314180251j:image

 

皆様は、スキンケアを始めた年齢はいつからでしょうか?

 

私は、17歳からです。

早すぎですね(笑)

 

すでに、この時点から『スキンケアは17歳位から始めるのが普通!』みたいな固定観念がありますね…。

 

初めて使用したメーカーは、『FANCL』です♡

洗顔パウダーと小瓶の化粧水と乳液を使ってました。

(当時は通販のみで、成分もシンプルで、化粧水は、精製水とグリセリンしか入ってないような小瓶のタイプでした)

 

FANCLを利用してた時は、成分がシンプルだったことが救いで、肌トラブルは少なかった。

たまに、1個、2個位のニキビが発生してた位です。

青春時代なので、ニキビが出来るのは普通と思ってました。

 

20歳位から、ドラッグストアで購入出来るスキンケア商品から、デパートブランドのスキンケアなど、色んなものを使ってました。

 

 

ここで私は、スキンケアの固定観念に陥ります。

 

私は、スキンケアとは、『洗顔』→『化粧水』→『乳液』と3つの工程で終わるものと思ってました。

 

雑誌やテレビなどの情報では、そう書いてたから。

 

乳液がベタベタして、嫌で仕方なかったのに、付けるまでスキンケアは終われない!


f:id:hana-haha-333:20210314180421j:image

 

化粧水で水分を与えて、油分のある乳液で『蓋』をしないと、肌が乾燥するんだ!と思い込んでました。

※乾燥どころか、脂でニキビ沢山出来てるのに(笑)

 

使用してる化粧品に、どんな成分が入ってるか?なんて関係無くて、化粧水の後は乳液!絶対に!と譲りませんでした。

 

恐ろしいことに、この固定観念は29歳位まで続きました。

 

17歳から29歳までの、12年間もの時間、『乳液なんて必要ない肌に、ベタベタとニキビの元を塗っていた』のです。

 

どんなにニキビが出来てても、乳液を付けてました。

((( ;゚Д゚)))!

 

この固定観念が崩れたのは、『大人ニキビ』に悩むことで、皮膚科に行ったことからです。

 

『油分は必要ないから』

 

必要ない?必要ないなんてことあるの?

 

乳液を付けないと、肌の水分が逃げてシワだらけのオバサンになるのでは?

 

皮膚科医が年配の女性なら、『乳液が必要無いなんてウソ!皮膚科医なのにシワだらけじゃん!この医師は信用ならぬ!』なんて思い、素直に診察を受け入れられなかった。

 

当時の私は、地味な皮膚科医より、見た目が華やかで美しい美容部員の方に絶大な信頼を置いてたんです。

※今は、正しい知識がある美容部員が多いですが、20年前位の美容部員は、『化粧水の後は乳液で蓋をするんだよ!だから、セットで使って!』が販売トークでしたからね。

 

しかし、いくつかの皮膚科に行くようになり、幸い?にも男性の皮膚科医師に診察してもらう機会がありました。

 

『食生活改善、化粧品止める!これしかないならね。』

 

 化粧を止めなさい、メイク化粧品もスキンケア化粧品も、いったん停止!…。

 

『やっぱりそうなのかな…?化粧品って良くないのかな…。』とようやく受け入れ始めました。

 

結局は、仕事を退職したことで、メイクしない生活が多くなり、食生活も改善されて、ニキビはほとんど出来なくなり、私の大人ニキビに悩む日々は終わります。

 

 おかげで、そこからスキンケアについて色々調べることを始めました。

 

乳液は、10代~20代前半は必要ない方がほとんどです。

使用したとしても、乾燥する部分だけで充分です。

 

私は、『乳液』という名の化粧品を利用しないとダメなんだという『強烈な固定観念』がありました。

 

確かに、大体の乳液に入ってる成分には、肌の乾燥を防ぐ効果があります。

 

しかし、肌の水分をキープするのは『保湿成分』の働きであって、

それが必ずしも『乳液』として存在してるとは限らない。

 

現代の『化粧水』には、保湿成分(ヒアルロン酸グリセリン、コラーゲン等)が多数入ってるものが多いです。

 

『乳液』じゃなく、『化粧水』として販売されてるのです❕

 

人によっては、化粧水だけで充分に肌の潤いが保てる場合もありますし、逆に化粧水は使わずに乳液のみしか使わない方法もあるんです❕

 

保湿成分は、必ずしも『油性成分』とは限らないからです。

水溶性の保湿成分もたくさんあります。

 

  • 化粧水は、水分を与える!
  • 乳液は、化粧水で与えた水分を守る為に蓋をする!

 

もう、古いです。。。時代遅れです。

昭和の考えです。

 

今は、令和時代!

 

化粧品は、『化粧水』とか『乳液』とかじゃなくて、『配合成分』を重視して選びましょう!

 

美容業界では、オールインワンを懸念する意見も多いですが、私はオススメです。

 

面倒な時は、オールインワンが最高です!

 

次回は、オススメのオールインワン化粧品の記事を書きたいと思います。

 

では、また!

 

読んで頂いてありがとうございます★