都びより

簡単で、手っ取り早く綺麗になれる方法を紹介してます☆美容と健康の情報発信ブログです!

界面活性剤は肌に残留する?!~オイルクレンジングは使わない方が良いのか?~

ご訪問ありがとうございます☆

 

季節の変わり目で、肌が不安定になりやすい今日この頃…。

スキンケア、特にクレンジング洗顔は丁寧にするように心懸けてます。




f:id:hana-haha-333:20210308112729j:image

~今回は界面活性剤についての話です~

 

私は、オイルクレンジングを春夏利用します。

 

ファンケルマイルドクレンジングを愛用してます☆

 

 

オイルクレンジングは、界面活性剤が心配と思ってる方が多いと思います。

 

『界面活性剤』は極悪であり、肌がボロボロになる!と一時騒がれてましたよね。

 

理由は、界面活性剤は皮膚に浸透してしまう場合がある。

洗い流しても皮膚に残留してしまい、その作用が強いと皮膚を刺激してしまう。

 

どんな悪影響が肌に起こるのか?⇒肌のバリア機能(主に天然の皮脂膜)を壊す恐れがある。

簡単に言うと、超乾燥肌になって、肌がガサガサになる恐れがある!ってことですね。

 

台所用洗剤が良い例です。

手荒れが酷いことになりますよね!

 

でも、少し安心して頂きたいことがあります☆

⬇️⬇️⬇️

  • 上記↑のような、肌への悪影響がある!と言われてる界面活性剤は『石油系の界面活性剤』です。

 

  • 現代の日本の化粧品では、石油由来の界面活性剤を使ってない商品が多い。

 

  • 石油系の界面活性剤を配合していても、肌への影響を考えて、低刺激の成分を配合してることが多い。

 

石油系、石けん系、アミノ酸系、その他色々と界面活性剤には種類があります。

合成と天然にも分かれてます。

 

利用を避けた方が良いのは、石油系の界面活性剤です!

 

石油系の界面活性剤は、界面活性剤の中では、特に肌に残留しやすいと言われてるからです。

 

すすいでも、すすいでも、肌に残る可能性が大。

 

Σ(゚ロ゚ノ)ノ

 

肌に界面活性剤が残ると、皮膚の中まで浸透して、皮膚に元々ある天然皮脂膜を破壊する恐れがある。

 

超乾燥、超敏感肌になってしまう可能性がある。

 

石油系界面活性剤だけじゃなく、全ての界面活性剤フリーのクレンジングを使えば良いのか?

 

確かにそれが1番でしょうけど…(*_*)

 

しかし日頃からメイクする方には、『界面活性剤無し』でメイク落としすることは難しい話だと思います。


f:id:hana-haha-333:20210308112819j:image

 

界面活性剤の働きは、『水と油を混ぜて、洗い流せるようにする』ということです。

 

メイクは油性成分ですから、水(お湯)で顔をバシャバシャすすいでも、落ちませんよね?

 

メイクを落とすには油と混ぜる必要がある。

 

油と混ぜるとメイク成分は浮きます。では、その後どうする?

洗い流すor拭き取るの二択です。

 

界面活性剤が入ってないと、『洗い流す』は選べません。

(例として、油で汚れた鍋を水で洗っても、ギトギト…のままと同じ。)

 

洗い流せないのであれば、コットン等で拭き取るしかない。

 

摩擦が凄いことになりそう…。

しかも、オイルが肌に残留しそう…。

 

洗い流したくないですか?

 

私は、絶対洗い流したいタイプです。

コットンで拭き取ることで、摩擦が生じて肌に悪影響が出る!

⬇️

 

 界面活性剤は肌に悪い!と言われてますが、肌への摩擦も悪いと言われてます。

 

クレンジング不要、石鹸で落とせるメイク用品も多数ありますけど、そのような商品は、『UVケア配合成分が少ない』ことが多い。

 

オイルクレンジングを使うならば、『石油系界面活性剤フリー』の商品を選ぶことをおすすめします!

 

そして、超重要なこと!

すすぎは100回位すること!ぬるま湯(40℃位)で100回!

 

 冗談抜きで100回です!

 

すすぎはとっても大切です。

石油系の界面活性剤じゃなくても、界面活性剤は肌に残りやすいのです。

 

それを避けるには、すすぎを丁寧にすることが重要になる。

 

オイルクレンジングを使ってない方も、どんなクレンジング洗顔剤でも、すすぎは大切!

※界面活性剤は、オイルクレンジング以外にも配合されてます。石けんも界面活性剤の一種です。

 

何を使って良いか分からないって方は、ファンケルのマイルドクレンジングオイルがおすすめです♥️

 ⬇️